東京都

竹久夢二 美人画展 ―わたし美人?―

竹久夢二(1884-1934)といえば、美人画を描いた画家としてその名を知られている。独特の女性像は「夢二式美人」と呼ばれ、明治末~大正時代に一世を風靡した。当時「夢二式」という言葉は美人の代名詞でもあった。うりざね顔に細長くしなやかな肢体、憂いを帯びた表情……。夢二式美人は果たして現代においても「美人」だろうか? 夢二は美人画になにを描いていたのか?
本展では、鏑木清方、北野恒富といった弥生美術館所蔵の美人画作品や、当時の写真・雑誌記事などの「美人」にまつわる資料もあわせて展示。美人画とは、美人とはなにか。その魅力と謎に迫る。

開催概要

直前の記事

生誕130年記念 奥村土牛

1966(昭和41)年、東京・日本橋兜町に開館した山種美術館は、2009(平成20)年10月、渋谷区広尾に移転して新美術館をオープンした。2019年、広尾開館10周年を記念する特別展第一弾として、同館と縁が深く、同年に生

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る