広島県

ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展(広島展)

亀山達矢と中川敦子による2人組ユニット「tupera tupera」(ツペラ ツペラ)は、絵本、雑貨、アニメーション、舞台美術などの各分野で、幅広く活躍するアーティスト。紙を切って貼り、さまざまな色と形で彩られるその作品は、高いデザイン性を持ちながらもユーモアに溢れ、多くの人を魅了している。
2002年から活動を始めたtupera tuperaは、『木がずらり』(2004年)を皮切りに、絵本制作で活躍の場を広げた。2013年、『しろくまのパンツ』(2012年)が「第18回日本絵本賞読者賞」を受賞すると、同作は「第2回街の本屋が選んだ絵本大賞 グランプリ」など数々の賞を受賞。つづけて『パンダ銭湯』(2013年)が、「第3回街の本屋が選んだ絵本大賞 グランプリ」を受賞し、2018年には『わくせいキャベジ動物図鑑』(2016年)が「第23回日本絵本賞大賞」に輝いた。今やその作品は国内にとどまらず、アメリカ、フランス、台湾など世界11か国・地域で出版され、人気を博している。絵本制作と並行してtupera tuperaが大切にしているのが、読者との交流。イベントやワークショップに参加するために全国各地を飛び回り、今も図書館や街の書店での活動を続けている。
本展は、そのtupera tuperaの軌跡をたどる、初めての大規模な展覧会。代表作である絵本の原画を中心に、立体やイラストレーション、映像作品など多様な活動を紹介すると同時に、貼り絵やコラージュを駆使して彩られた、色鮮やかで繊細な手仕事の世界へ案内する。

開催概要

  • 会期

    2019.01.202019.03.24
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1,000円(800円)、高校生以下無料

    ※( ) 内は前売、または有料20名以上の団体料金
    ※前売は、ふくやま美術館ミュージアムショップ、JR福山駅観光案内所、ローソンチケット[Lコード:61405]などで1月19日まで販売
    ※ちゅーピーくらぶ会員は会員証をご掲示いただくと800円
    ※次の方は無料(証明となるものを各受付に提示ください)
    高校生以下の方、社会福祉施設に入所されている方、福山市・府中市・神石高原町に住所を有する65歳以上の方、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳等を所持する方、及びその介護者1名、キャンパスメンバーズ会員校の学生及び教職員、福山市立大学、福山大学、福山平成大学、専門学校福山歯科衛生士学校、福山福祉専門学校、福山YMCA国際ビジネス専門学校、穴吹(情報デザイン・医療福祉・動物・ビューティ・調理製菓)専門学校、福山市医師会看護専門学校

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    (公財)ふくやま芸術文化振興財団 ふくやま美術館、福山市、毎日新聞社、中国新聞備後本社
  • 休館日

    月曜日(2月11日は開館)、2月12日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

絹谷幸二 色彩とイメージの旅

日本の美術界において、第一線で活躍している作家の一人である絹谷幸二は、1966年に東京藝術大学美術学部油彩科を卒業後、同大学院の壁画科へ進学し、アフレスコの研究に邁進した。1970年、アフレスコの講義のために来日したブル

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る