東京都

松岡コレクション 元気な文様たち 五彩・青花を中心に

宋時代の青磁をはじめとする格調高い作品を作り上げてきた中国陶磁は、明時代後期になると文様、色彩ともに濃密でエネルギッシュな作風へと変化し、明から清への王朝交代期に向かって、より自由闊達な魅力を増していく。そこに描かれる草花、あるいは龍や獅子といった吉祥の動物文様は手慣れた筆さばきで、時に簡略化して描かれていた。こうしたやきものは江戸時代の日本にも渡来し、その屈託の無い風情で親しまれている。器面を闊歩する元気な文様が楽しめる。

同時開催:館蔵日本画 伝統芸能と音色の響き
創立者 松岡清次郎は自ら義太夫節に親しみ、文楽を題材とした絵画を多数蒐集している。今展では、文楽をはじめとして能や歌舞伎など伝統芸能を主題とした作品を中心に、画面から音色の響きが聴こえる日本画を紹介する。(会期中一部展示替えあり)

開催概要

  • 会期

    2019.02.202019.06.01
  • 会場

  • 観覧料金

    一般800円、65歳以上・障害者700円、中高大生500円

    ※20名以上の団体は各100円引

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    松岡美術館
  • 休館日

    月曜日休館(祝日の場合は翌平日)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

よなご子ども図鑑 -米子市美術館の子どもたち-

米子市美術館では常設(コレクション)展として収蔵品の中から、幼い子どもたちのあどけないしぐさや愛らしい表情を捉えた写真や洋画、版画作品を紹介する。 作品に登場する子どもたちは、好奇心の赴くままに遊んだり、必死にものを食べ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る