東京都

チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ 春日明夫コレクション

公式サイト

チェコと人形との関係は深いものがあり、例えば「人形劇は文化の命綱」とまでいわれるほど。チェコは、16世紀から第一次世界大戦までの間、オーストリアのハプスブルク家に支配された歴史があり、プラハなどの都市部では、ゲルマン化のためにチェコ語からドイツ語を使うように強制されてきた。しかし、人形劇は民衆の為の娯楽、風俗的なものであったために、危険視されなかったことがチェコ語の禁止を免れ、チェコ語を守るために人形劇が意欲的に上演されたと伝えられている。つまり、チェコの人々にとって人形劇やその人形は単なる人形玩具というだけではなく、チェコの伝統文化そのものといえるのだ。チェコには、世界初の人形を専門に学べる国立大学機関があり、各都市には人形劇専門の劇場がある。現在のチェコにおいても、祭礼や地域のイベントでは盛んに人形劇が上演され、人形づくりのワークショップもたびたび開かれるなど、伝統的な人形劇を国の文化として継承している。さらに、人形劇とは別にアートとしての人形を使った表現もチェコならではの展開として見逃せない。
本展では、そうしたチェコの現在の人形文化の一部を、世界の玩具や遊具の研究者である春日明夫氏のコレクションから糸あやつり人形やアート・トイなどの作品を中心に4名の作家を取り上げて紹介するものである。チェコ在住の佐久間奏多は魅力的な糸あやつり人形やハンドパペットの制作など人形作家の分野の世界で活躍し、日本を中心に世界中にコレクターが存在する。同じくチェコ在住の林 由未は人形劇の舞台美術家として活動するかたわら、人形劇用の人形も自身で制作し、チェコの国内外で注目されている。また、どこか暖かみのある造形を感じさせるチェコ人のバーラ・フベナーは糸あやつり人形をはじめ舞台や人形を中心とした造形作家として活躍し、チェコ人のミロスラフ・トレイトナルはそれらの表現に加え、色彩も豊かでユニークな形を持つアート・トイと呼ばれる作品を手掛けている点で特に異彩を放っているといえるであろう。展示では、それら4人の作家を中心にコレクション以外の参考作品も一部交えながら約100点以上の作品で紹介。本展を通じて、現代チェコの人形文化の一端が楽しめる。

開催概要

  • 会期

    2019.02.082019.03.24
  • 会場

    八王子市夢美術館
    http://www.yumebi.com/
    八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子2F
  • 観覧料金

    一般600円(480円)、学生(小学生以上)・65 歳以上300円(240円)

    ※( )内は15 名以上の団体料金
    ※未就学児無料
    ※土曜日は小中学生無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    公益財団法人八王子市学園都市文化ふれあい財団
  • 休館日

    月曜日休館(祝日の場合は開館し翌日休館)

  • 開館時間

    10:00〜19:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る