東京都

光悦と光琳ー琳派の美

琳派の祖とされる本阿弥光悦(1558~1637)と、光悦の100年後に生まれた尾形光琳(1658~1716)。マルチな才能を発揮した二人はアートディレクターの一面も持ち合わせていた。今回は、そんな二人の近似性に着目しつつ独自の美の世界を紹介する。さらに光悦と刺激的な協同制作を行った俵屋宗達(生没年不詳)と光琳の弟・尾形乾山(1663~1743)の絵画や工芸品も厳選して紹介する。時を超えて人々を魅了する琳派の美のかたちを堪能してほしい。

開催概要

  • 会期

    2019.01.192019.03.17
  • 会場

  • 観覧料金

    一般700円、大学・高校生500円

    ※中学生以下無料(ただし保護者の同伴が必要です)
    ※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は100円引

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    畠山記念館
  • 休館日

    月曜日(2月11日は開館)、2月12日、2月15日

  • 開館時間

    10:00〜16:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る