東京都

生誕130年記念 奥村土牛

1966(昭和41)年、東京・日本橋兜町に開館した山種美術館は、2009(平成20)年10月、渋谷区広尾に移転して新美術館をオープンした。2019年、広尾開館10周年を記念する特別展第一弾として、同館と縁が深く、同年に生誕130年を迎える日本画家・奥村土牛(おくむらとぎゅう)(1889-1990)に焦点をあてた展覧会を開催する。同館の創立者・山﨑種二は、「絵は人柄である」という信念のもと、画家と直接関わり合うなかで作品を蒐集した。特に土牛とは親しく、まだ無名だった研鑽時期の支援から約半世紀にわたり交流を続けた結果、現在、同館は135点に及ぶ屈指の土牛コレクションで知られている。
土牛は、画家志望であった父親のもとで10代から絵画に親しみ、梶田半古(かじたはんこ)(1870-1917)の画塾で生涯の師と仰ぐ小林古径(こばやしこけい)(1883-1957)に出会う。38歳で院展初入選と遅咲きでありながら、展覧会に出品を重ねて40代半ばから名声を高め、101歳におよぶ生涯において、晩年まで制作に取り組んだ。土牛は、半古や古径から学んだ写生や画品を重視する姿勢を生涯貫き、「絵を通して伝わってくるのは作者の人間性」という自らの言葉を体現するような作品を数多く生み出した。
本展では、瀬戸内海の鳴門の渦潮を描いた《鳴門》や、古径を偲んで制作した《浄心》《醍醐》などの代表作をはじめ、活躍の場であった院展の出品作を中心に約60点を展示し、土牛の画業をたどる。
土牛という雅号は、中国・唐の詩句「土牛石田を耕す」に由来する。その名を糧に、地道に画業へ専心した土牛。80歳を過ぎてなお「死ぬまで初心を忘れず、拙くとも生きた絵が描きたい」と語り、精進を重ね、100歳を超えても絵筆をとり続けた。山種美術館が広尾開館10周年を迎え、同館と縁の深い奥村土牛が生誕130年となるこの機会に、清らかで温かみ溢れる土牛芸術を堪能してほしい。

開催概要

  • 会期

    2019.02.022019.03.31
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1200円(1000円)、大高生900円(800円)、中学生以下無料

    ※( )内は20名以上の団体料金および前売料金
    ※障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料
    ※きもの・ゆかた割引:会期中、きもの・ゆかたでご来館のお客様は、団体割引料金
    ※リピーター割引:本展使用済み入場券(有料)のご提出で会期中の入館料が団体割引料金(1枚につき1名様1回限り有効)、リピーター割引は、同一の展覧会を2回目以降にご覧いただく場合に有効

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    山種美術館、朝日新聞社
  • 休館日

    月曜日(2月11日は開館)、2月12日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る