東京都

特別展「江戸の街道をゆく~将軍と姫君の旅路~」

江戸時代、幕府によって整備された街道には、さまざまな人や行列が往来し、活気にあふれていた。なかでも将軍や姫君たちのそれは、長大で沿道の人々を圧倒した。将軍は上洛や日光東照宮への参詣(日光社参)で諸大名を引き連れ、自らの権威を誇示。また、将軍家の御台所となる姫君は、将軍との婚礼が決まると、莫大な費用をかけて制作された婚礼道具などを携え、主に中山道を通って京都から江戸へ下向した。
本展覧会では、将軍の上洛と日光社参、姫君たちの江戸下向に関わる資料を通して、「江戸の街道」における旅路をたどる。風景や道の姿は変わっても、先人たちが通った街道は現代の私たちにとってもなじみの深い道となっている。過去から現在まで続く街道の歴史を見ていただきたい。
※会期中に一部展示品の入れ替えあり

開催概要

  • 会期

    2019.04.272019.06.16
  • 会場

  • 観覧料金

    特別展前売券=一般800円、大学・専門学校生640円、中学生(都外)・高校生・65歳以上400円、小学生・中学生(都内)400円
    特別展専用券=一般1000円(800円)、大学・専門学校生800(640)円、中学生(都外)・高校生・65歳以上500円(400円)、小学生・中学生(都内)500円(400円)
    特別展・常設展共通券=一般1280円(1020円)、大学・専門学校生1020円(810円)、中学生(都外)・高校生・65歳以上640円(510円)

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※会期中は当日券のみを販売
    ※次の場合は特別展観覧料が無料(未就学児童、身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保険福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付き添いの方2名まで)
    ※小学生と都内在住・在学の中学生は、常設展示室観覧料が無料のため、共通券はありません
    ※中・高・大学・専門学校生の方は学生証を、65歳以上の方は年齢を証明するもの(健康保険証、運転免許証など)要提示
    ※毎月第3水曜日(シルバーデー)は、65歳以上の方は観覧料が無料です。年齢を証明できるものをお持ちください

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都江戸東京博物館
  • 休館日

    5月7日、5月27日、6月3日、6月10日

  • 開館時間

    09:30〜17:30 ※土曜日は19:30まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

志賀理江子 ヒューマン・スプリング

東京都写真美術館では、独自のフィールドワークを元に制作する作品群で、日本国内のみならず、国際的な注目を集める現代アーティスト・志賀理江子の新作個展「ヒューマン・スプリング」を開催。 冬から目覚める季節の“春”、卒業や入学

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る