茨城県

ARTとEAT 食にまつわる美術のはなし

高橋由一の鯛、佐竹徳のりんご、どちらも食べ物を描いた作品だが、どちらがより”おいしそう”だろうか。この二人が描いた食べ物の差は、その時代背景に由来する。由一が描いたのは単なる物質としての魚ではなく、食の文化そのものだった。一方の佐竹は、セザンヌに傾倒し、空間に存在する物質としてりんごを把握していた。また、山下りんの《機密ノ晩餐》(最後の晩餐)は、パンと葡萄酒の食卓を囲むキリストと使徒を描いた作品だが、聖書を紐解けば、このパンと葡萄酒はただの食べ物ではなく、キリストの肉体を意味することが分かる。このように本展では、「食」を描いた作品のイメージの意味を探る。
企画展示館一階では「食」や、その周縁にまつわる絵画を、二階では北大路魯山人を中心に、「食」を彩る器を展示致する。

開催概要

  • 会期

    2019.01.022019.03.17
  • 会場

  • 観覧料金

    大人1000円、65歳以上800円、大学・高校生700円、中学・小学生以下無料

    ※20名以上の団体は各200円割引
    ※障害者手帳をお持ちの方、その同伴者1名は半額割引
    ※春風萬里荘との共通券:大人1,400円、大学・高校生900円、中学・小学生 無料、65歳以上1,100円(20名以上の団体は200円割引、障害者手帳をお持ちの方、その同伴者1名は半額割引)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    公益財団法人 日動美術財団 笠間日動美術館
  • 休館日

    月曜日(1月14日、2月11日は開館)、1月15日、2月12日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

人・ひと・人 人って面白い

本展では、今を生きる写実作家が描く現代のさまざまな老若男女の姿を紹介する。それぞれの人物画のなかで、作家はモデルと向き合い、何を描こうとしたのだろうか。モデルの内面、存在感、あるいは、単に造形……。そこには生きている人問

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る