茨城県

愛のヴィクトリアン・ジュエリー

ヴィクトリア女王が在位した19世紀ヴィクトリア時代は、イギリスの歴史のなかでも最も輝かしい時代だった。この時代のジュエリーの数々と華やかな生活様式は、今日でも多くの人を引き付ける魅力に溢れている。本展では、英国王室にまつわる宝飾品や著名なコレクションなど、ヴィクトリア時代を中心に、技巧を凝らした金や銀、ダイヤモンドや象牙等の多様な素材によるジュエリーの数々を紹介。併せて、当時のウェディングや、亡き人を偲ぶためのモーニングなどの様々な装いや、英国の生活文化の一つとして広く浸透していったアフタヌーンティーの豪奢な銀器によるテーブルセッティング、さらに繊細な模様を手仕事で仕上げたアンティーク・レースなど、華麗なる英国文化の粋を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.01.022019.03.10
  • 会場

    茨城県陶芸美術館
    http://www.tougei.museum.ibk.ed.jp/
    笠間市笠間2345 笠間芸術の森公園内
  • 観覧料金

    一般720(570)円、満70歳以上360(280)円、高大生510(410)円、小中生260(210)円

    ※(  )内は、20名以上の団体料金
    ※満70歳以上の方、障害者手帳、療育手帳をお持ちの方及び付き添いの方(ただし1人につき1人まで)は無料
    ※土曜日は高校生以下無料(長期休業日にあたる時を除く)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    茨城県陶芸美術館
  • 休館日

    月曜日(1月14日、2月11日は開館)、1月15日、2月12日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

追悼-小林恒岳展

小林恒岳(本名恒吉。1932-2017)は、茨城県を代表する日本画家小林巣居人を父に東京で生まれ、戦後茨城に疎開してからは、一時期上京したものの、長く石岡市高浜や吾国山中腹(旧八郷町)で暮らした。画業初期に抽象表現など模

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る