北海道

北海道150年事業 松浦武四郎 生誕200年記念 幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎

江戸時代終わり頃の北海道を6回にわたり踏査し、「北海道の名付け親」とも呼ばれる松浦武四郎。旅に生き、時代を生きた彼の生涯を、地図や日誌、絵画、書簡、収集した古物(書画骨董品)などからたどる。
※会期中一部展示替えあり
前期:12月15日~1月14日
後期:1月16日~2月11日

開催概要

  • 会期

    2018.12.152019.02.11
  • 会場

  • 観覧料金

    団体・前売・リピーター=一般600円、高大生390円
    当日共通券=一般910円、高大生560円
    当日=一般800円、高大生500円

    ※中学生以下無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    北海道立帯広美術館
  • 休館日

    月曜日(12月24日、1月14日、2月11日は開館)、12月25日、12月29日~1月3日、1月15日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

愛のヴィクトリアン・ジュエリー

ヴィクトリア女王が在位した19世紀ヴィクトリア時代は、イギリスの歴史のなかでも最も輝かしい時代だった。この時代のジュエリーの数々と華やかな生活様式は、今日でも多くの人を引き付ける魅力に溢れている。本展では、英国王室にまつ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る