鹿児島県

生誕120年 宮之原謙ー清新なる陶芸

鹿児島市に生まれ幼少期を過ごした宮之原謙(1898~1977年)は、現代的な感覚を反映させた清新な作風で日本の陶芸界に足跡を残した。生誕120年の節目に同館所蔵作品から変遷をたどり、その魅力を見つめる。
宮之原は早稲田大学建築学科を病のため中退した後、近代陶芸の巨匠である二代宮川香山に師事し陶芸の道へ進んだ。1927年には二代宮川、板谷波山らを顧問とする「東陶会」の結成に参加、作家としての創作活動や芸術性の追究といった近代陶芸の姿勢を継承した。
宮之原の作品は多様な表現技法、個性豊かな図案に彩られている。戦前は彫文(ちょうもん)や象嵌(ぞうがん)などの精巧な技術を駆使した構築的な作陶を行っていたが、戦後は「彩盛磁(さいもりじ)」と呼ばれる優美な色彩と艶消しの釉薬による柔らかな表現を生み出し、新境地を開いた。作品にはアール・デコのスタイルに影響を受けた幾何学的な意匠、自然界の花や鳥、そして建築物や宇宙、スポーツなど独特のモチーフも登場する。器形、表現技法、図案が一体となって織りなす陶芸の世界が楽しめる。

開催概要

直前の記事

木をめぐる美術

木は、私たちが自然から受け取る重要な恵みのひとつ。とりわけ広大な森林を有する北海道においては、長い歴史をもつアイヌ民族の文化のなかではもちろん、明治以降に発展した工業のなかでも、木は多彩な用途に用いられてきた。入手や加工

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る