香川県

第65回 日本伝統工芸展(香川展)

日本伝統工芸展は、歴史・芸術上特に価値の高い工芸技術を保護・育成するとともに、先人から受け継いできた優れた技を磨き、現代生活に即した新しいかたちを築き上げることを目的として昭和29年(1954)から毎年開催され、今回で65回を数える。
今回の高松展では、重要無形文化財保持者(人間国宝)の作品48点をはじめ、受賞作品及び四国在住作家の入選作品など計280点を展示。このうち、香川在住作家の作品が18点、香川県ゆかり作家の作品が14点。

開催概要

  • 会期

    2019.01.022019.01.20
  • 会場

  • 観覧料金

    前売(団体20名以上)490円、当日一般600円

    ※高校生以下の方、65歳以上の方、身体障害者手帳等をお持ちの方は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    香川県立ミュージアム、香川県教育委員会、公益社団法人日本工芸会、NHK高松放送局、 朝日新聞社、日本伝統工芸展高松展実行委員会
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※金曜日は19:30まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

呼吸する地図たち

マレーシアを拠点に活躍する演出家のマーク・テを共同キュレーターに迎え開催する展覧会。国際交流基金アジアセンターのCondition Reportの一環として、共同主催のもと開催する。 近代化の象徴的産物としての「地図」は

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る