奈良県

新年を祝う―吉祥の美術―

2019年最初の展覧会は年の初めに相応しい、おめでたい美術作品の数々を展覧。一富士二鷹三茄子は、初夢に見ると縁起の良いものとされる。一年の始まりであるこの時期には、幸せを願う様々な風習が洋の東西を問わず認めらる。美術作品にも子孫繁栄・長寿・富貴をはじめとした、人々の想いがモチーフに込められ造形化されてきた。豊かさのイメージにつながる「魚」、百花の王と呼ばれる「牡丹」、おめでたいしるしとして尊ばれた想像上の動物である「鳳凰」「龍」といったデザインが挙げられる。
そして2019年は亥年。美術の中に表現されたイノシシは、他の干支に比べると少ないが、仏教美術では十二神将や子供にとりついて悪さをする十五の鬼の中に見られるほか、敵討ちの物語として人気を博した曽我物語を描いた作品にも登場する。展覧会では、同館のコレクションに特別出陳作品を交え、縁起の良いデザインやイノシシに関わる美術作品を展示。日本の近世絵画や中国・朝鮮半島の工芸品に表現された、見ているだけで幸せになれる美術作品が楽しめる。

開催概要

  • 会期

    2019.01.052019.02.17
  • 会場

  • 観覧料金

    一般620円、高校・大学生410円、小学・中学生無料

    ※20名以上の団体は相当料金の2割引で引率者1名無料
    ※「障がい者手帳」をお持ちの方とご同伴者1名2割引

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    大和文華館
  • 休館日

    月曜日(1月14日、2月11日は開館)、1月15日、2月12日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の60分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

おん祭と春日信仰の美術―特集 大宿所―

春日若宮おん祭は、春日大社の摂社(せっしゃ)である若宮社の祭礼。長承4年(1135)の若宮社御遷座(ごせんざ)を承(う)け、翌保延2年(1136)9月17日にはじまったとされている。その後、祭日は室町時代から11月27日

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る