奈良県

おん祭と春日信仰の美術―特集 大宿所―

春日若宮おん祭は、春日大社の摂社(せっしゃ)である若宮社の祭礼。長承4年(1135)の若宮社御遷座(ごせんざ)を承(う)け、翌保延2年(1136)9月17日にはじまったとされている。その後、祭日は室町時代から11月27日、明治11年(1878)からは現行の12月17日と変わりながらも、祭礼は古儀の伝統を守り続け、今年で883年目を迎える。 おん祭では、若宮神が御旅所(おたびしょ)に一日だけ遷座(せんざ)されるが、そこに芸能者や祭礼の参加者が詣(もう)でる風流行列(ふりゅうぎょうれつ)が有名。
本展覧会は、おん祭の歴史と祭礼の様子を紹介する恒例の企画。今回は、華やかな風流行列の様子を描く絵巻を展示するとともに、祭礼に参加する大和士(やまとざむらい)の潔斎(けっさい)の場であった大宿所(おおしゅくしょ)について取り上げ、また祭礼でにぎわう江戸時代の奈良町の様子も紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.12.112019.01.20
  • 会場

  • 観覧料金

    一般520円、大学生260円、団体一般410円、大学生210円

    ※団体は責任者が引率する20名以上
    ※高校生以下および18歳未満の方、満70歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
    ※子ども(中学生以下)と一緒に観覧される方[子どもといっしょ割引]・開館時間延長日の午後5時以降に観覧される方[レイト割引]は、団体料金が適用
    ※おん祭お渡り式の日〔12月17日(月)〕は無料
    ※12月22日(土)にご夫婦で入館される方は半額[夫婦の日割引]
    ※成人の日〔1月14日(月・祝)〕は、今年度に成人を迎えられた方の観覧料が無料
    ※平成31年1月2日(水)~5日(土)に春日大社で配布される小型チラシをご持参の方は、この4日間に限りおん祭展を含む新館の展示及び、なら仏像館・青銅器館を無料観覧

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    奈良国立博物館
  • 休館日

    12月25日(火)、1月1日(火・祝)、1月7日(月)、1月15日(火)

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※金・土曜日は20:00まで(12月28日、29日を除く) ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る