滋賀県

第15回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

公式サイト

NO-MA開館当初から「滋賀県施設・学校合同企画展」は、作者の「今」の表現と、彼らの日常に寄り添う支援者の「今」の目線で創られてきた。
第15回を迎える今回は、障害のある人に寄り添う、滋賀県内27か所の福祉施設と2つの特別支援学校の職員、そして地域の造形教室の講師とボーダレス・アートミュージアムNO-MAが実行委員会を組織し、企画・展示を行う。
前期:2018年12月1日(土)~2019年1月14日(月・祝)/後期:2019年1月19日(土)~2月24日(日)

開催概要

  • 会期

    2018.12.012019.02.24
  • 会場

  • 観覧料金

    一般200円(150円)、高大生150円(100円)

    ※中学生以下無料
    ※障害のある方と付添者1名無料
    ※( )内は20名以上の団体料金

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    第15回滋賀県施設・学校合同企画展実行委員会、ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(社会福祉法人グロー(GLOW)~生きることが光になる~)
  • 休館日

    月曜日(祝日の場合は翌日)、2018年12月29日(土)~2019年1月4日(金)

  • 開館時間

    11:00〜17:00 
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

息を吞む繊細美 切り絵アート展(神戸展)

紙をはさみやナイフで切ることによって人物や風景などを表現する「切り絵」。一般的には、平面的、モノトーンといったイメージが強いが、現代作家たちはこうした従来の制約から解き放たれ、紙という素材と向き合いながら、切ったり、彩色

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る