兵庫県

息を吞む繊細美 切り絵アート展(神戸展)

紙をはさみやナイフで切ることによって人物や風景などを表現する「切り絵」。一般的には、平面的、モノトーンといったイメージが強いが、現代作家たちはこうした従来の制約から解き放たれ、紙という素材と向き合いながら、切ったり、彩色したりと自由な発想で個性的な作品を発表している。紙を切ることで生み出される独特の線と断面を生かしながら、驚くばかりの繊細な技術を駆使する切り絵作家たち。本展では、こうしたさまざまな表現に挑む11人の作品110点を紹介。人気作家たちの“カミワザ”と、切り絵の無限の可能性に触れていただける貴重な機会となる。

開催概要

  • 会期

    2019.01.122019.03.24
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1,000円、大学生・65歳以上500円、高校生以下無料

    ※( ) 内は団体料金
    ※神戸ゆかりの美術館、小磯記念美術館の当日入館券(半券)をお持ちの方は割引有

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    神戸ファッション美術館、神戸新聞社、毎日新聞社
  • 休館日

    月曜日(1月14日、2月11日は開館)、1月15日、2月12日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る