京都府

澤乃井櫛かんざし美術館所蔵 櫛・かんざしとおしゃれ展 -粋に華やかに、麗しく-

江戸時代、女性たちは身分や職業によって服装や装飾品を規制されていた。しかし、そのような制限のなかで、女性たちは髪飾りに個性を求め、職人が創意工夫をこらした多種多様な櫛やかんざしで自らを飾り、おしゃれを楽しんでいた。
東京都青梅市にある澤乃井櫛かんざし美術館には、祇園に生まれ、舞妓となり、後に東京で料亭の女将として多くの人を魅了した岡崎智予(1924-1999)が収集した作品が所蔵されている。
所蔵品には、文化が爛熟し工芸的技術が最も高い水準に達した江戸後期のものをはじめ、尾形光琳(1658-1716)、酒井抱一(1761-1829)、原羊遊斎(1769-1845)ら高名な美術家による逸品も含まれている。
本展では、日本の工芸の粋を凝縮した櫛、かんざしとともに、当時の風俗を伝える浮世絵をあわせた約300点を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.12.152019.02.24
  • 会場

  • 観覧料金

    一般900円(800円)、高・大学生500円(400円)、中学生以下無料、障害者手帳をお持ちの方300円

    ※( )内は団体料金
    ※他の割引との併用は不可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    アサヒビール大山崎山荘美術館
  • 休館日

    月曜日(2018年12月17日、2019年1月14日、2月11日は開館)、2018年12月25日~2019年1月3日、1月15日、2月12日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

装剣金工の明治時代

日本刀に取り付けられた鐔(つば)、目貫(めぬき)、小柄(こづか)、笄(こうがい)などの刀装具は、太平の世といわれた江戸時代に装飾性が高まるとともに、多くの優れた装剣金工が登場する。鉄・金・銀・四分一などの金属と高度な彫金

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る