京都府

特集展示 京の冬景色

四季に恵まれた日本の自然は、その季節ごとにさまざまな表情を見せてくれる。桜、新緑、紅葉など、季節を彩る豊かな色彩が、見慣れたはずの景色に新鮮な趣を添えるさまはまことに目に楽しいものだ。
一般的には観光のオフシーズンとされ、底冷えのする冬の京都には、しかしこの季節ならではの景色がある。 特に、市内でも北部や山沿いでは雪が積もりやすく、雪化粧という言葉そのままに、真白な雪は美しい景色をさらにも美しく磨き上げてくれるのだ。 そんな魅力的な京都の冬景色が描かれた作品をご覧いただこうという特集展示である。

開催概要

  • 会期

    2018.12.182019.01.27
  • 会場

    京都国立博物館
    http://www.kyohaku.go.jp/jp/
    京都市東山区茶屋町527
  • 観覧料金

    一般520円(410円)、大学生260円(210円)、高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料(年齢のわかるものを提示)

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※大学生の方は学生証を要提示
    ※障害者手帳等(*)を提示の方とその介護者1名は、観覧料が無料
    (*) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
    ※キャンパスメンバーズは、学生証または教職員証提示で無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    京都国立博物館
  • 休館日

    月曜日(2018年12月24日、2019年1月14日は開館)、年末年始(2018年12月25日~2019年1月1日)、1月15日

  • 開館時間

    09:30〜18:00 ※金・土曜日は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

新春特集展示 亥づくし─干支を愛でる─

新春特集展示「干支を愛でる」。2019年は亥年ということで「亥づくし」。猪にまつわる名品を展示する。 同館では明治34年(1901)丑年より同43年(1910)戌年まで、干支にちなんだ展示が行われていました。丑→寅→卯→

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る