京都府

新春特集展示 亥づくし─干支を愛でる─

新春特集展示「干支を愛でる」。2019年は亥年ということで「亥づくし」。猪にまつわる名品を展示する。
同館では明治34年(1901)丑年より同43年(1910)戌年まで、干支にちなんだ展示が行われていました。丑→寅→卯→辰→巳→午→未→申→酉→戌……実は「猪」をテーマとする展示は、この度が初めて。京博初の亥づくし。お気に入りの猪の名品と出逢う機縁となったら幸いである。

開催概要

  • 会期

    2018.12.182019.01.27
  • 会場

    京都国立博物館
    http://www.kyohaku.go.jp/jp/
    京都市東山区茶屋町527
  • 観覧料金

    一般520円(410円)、大学生260円(210円)、高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料です(年齢のわかるものを提示)

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※大学生の方は学生証を要提示
    ※障害者手帳等(*)を提示の方とその介護者1名は、観覧料が無料
    (*) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
    ※キャンパスメンバーズは、学生証または教職員証提示で無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    京都国立博物館
  • 休館日

    月曜日(2018年12月24日、2019年1月14日は開館)、年末年始(2018年12月25日~2019年1月1日)、2019年1月15日

  • 開館時間

    09:30〜18:00 ※金・土曜日は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

特集展示 美麗を極める中国陶磁

平成24年に、清朝陶磁を中心とした中国美術の蒐集家である、松井宏次氏より、陶磁59件、考古13件、彫刻2件の計74件を一括で寄贈いただいたことから、その受贈を記念し、寄贈いただいた作品を一堂に紹介する。 今回の展覧会では

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る