京都府

特集展示 美麗を極める中国陶磁

平成24年に、清朝陶磁を中心とした中国美術の蒐集家である、松井宏次氏より、陶磁59件、考古13件、彫刻2件の計74件を一括で寄贈いただいたことから、その受贈を記念し、寄贈いただいた作品を一堂に紹介する。
今回の展覧会では、中国美術全般にも興味を持って蒐集された松井コレクションの全容をご紹介するとともに、ご寄贈いただいた作品の中核をなす清朝陶磁をはじめとした中国陶磁の形状の豊かさや色彩の美しさを感じていただきいと思う。また、中国陶磁だけでなく、合わせて展示する青銅器や金属工芸、彫刻などのもご覧いただき、中国美術における造形美について、触れていただく機会になればと思う。

開催概要

  • 会期

    2018.12.182019.02.03
  • 会場

    京都国立博物館
    http://www.kyohaku.go.jp/jp/
    京都市東山区茶屋町527
  • 観覧料金

    一般520円(410円)、大学生260円(210円)、高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料(年齢のわかるものを提示)

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※大学生の方は学生証を要提示
    ※障害者手帳等(*)をご提示の方とその介護者1名は、観覧料が無料
    (*) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
    ※キャンパスメンバーズは、学生証または教職員証提示で無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    京都国立博物館
  • 休館日

    月曜日(2018年12月24日、2019年1月14日は開館)、年末年始(2018年12月25日~2019年1月1日)、2019年1月15日、2019年1月29日

  • 開館時間

    09:30〜18:00 ※金・土曜日は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

超技の世界 ―瀬戸焼・美濃焼・名古屋絵付など―

明治・大正時代、驚くほどの技巧を凝らし多彩な装飾が施された陶磁器が制作され、海外へと輸出された。特に、愛知、岐阜、三重の東海3県では、瀬戸焼や美濃焼、名古屋絵付、常滑焼、萬古焼など、様々な陶磁器が生み出され、当時の技術を

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る