愛知県

開館30周年記念 アルヴァ・アアルト もうひとつの自然(愛知展)

北欧・フィンランドが生んだ建築家アルヴァ・アアルト(1898‒1976)は、木やレンガなどの素材を生かし、周囲の自然環境との調和を図る建築で知られ、フィンランドのみならず世界的に評価を得ている。
代表作の《パイミオのサナトリウム》(1933年)は、患者が少しでも心地良く過ごせるよう配慮し、アアルトが生涯大事にした、人に優しい建築という考え方を体現したものだった。また、友人夫妻のために設計した《マイレア邸》(1939年)は、邸宅周囲の松の森と建物内部の連続性を意識し、手すりや柱に至るまで自然の素材を多用した有機的な建築となっている。
アアルトはデザイナーとしての手腕も発揮し、ドアの取っ手から家具、照明器具、ガラス器など、人が生活したり仕事したりする空間の隅々まで、ディテールにも拘ってデザインした。レストラン・サヴォイのためにデザインした《サヴォイ・ベース》(1936年)は、フィンランドの湖の曲線をイメージさせるもので、現在においても親しまれるロングセラーとなっている。
この展覧会は、ヴィトラ・デザイン・ミュージアムとアルヴァ・アアルト美術館によって企画され、各国を巡回する回顧展。日本においては、アルヴァ・アアルトの包括的な展覧会は20年ぶりとなる。オリジナル図面、家具、照明器具、ガラス器、建築模型など約300点をご紹介するこの展覧会では、自然の美しさと温かみ、そして人間の温もりを大切にしたアアルトの建築とデザインが、日本においても多くの共感を得ることだろう。

開催概要

  • 会期

    2018.12.082019.02.03
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1200円、高大生900円、中学生以下無料

    ※団体割引料金は20名以上に適用
    ※身体等に障害のある方は、手帳の提示により本人と付添者2名まで当日料金の半額で観覧可
    ※「名古屋市美術館常設展定期観覧券」の提示で団体料金が適用
    ※名古屋市交通局発行の「一日乗車券」「ドニチエコきっぷ」を当日利用して来館された方は100円割引
    ※いずれも他の割引との併用不可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    名古屋市美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会、中京テレビ放送
  • 休館日

    月曜日(12月24日、1月14日は開館)、12月25日、12月29日~1月3日、1月15日

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※金曜日は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime

クリスチャン・ボルタンスキー(1944年-)は、現代のフランスを代表するアーティストのひとり。1960年代後半より短編フィルムを発表し始めたボルタンスキーは、1970年代に入り、写真を積極的に用いるようになった。人が歩ん

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る