静岡県

城たび! ―お城で旅する東海道―

公式サイト

戦国時代には全国各地に多数あった城も、慶長二十年(1615) 江戸幕府の一国一城令により大きく数を減らし、その後は藩政の中心地としてその地を代表するものへと変わっていく。本展では東海道を描いた浮世絵版画を中心にその地を代表する風物として描き込まれた城々を紹介する。
大展示室では両会期合わせて東海道から十二、全国も含めると合計二十二の浮世絵版画に描かれた城が登場。
小展示室では静岡市所蔵の「東海道屏風」に加え、静岡が誇る徳川家康ゆかりの駿府城跡の発掘調査で見つかった関連資料も展示。どうぞ、お城めぐりの旅を楽しんでほしい。
Part 1:2018年11月27日(火)-12月27日(木)
Part 2:2019年1月5日(土)-2月3日(日)

開催概要

  • 会期

    2018.11.272019.02.03
  • 会場

  • 観覧料金

    一般510円(410円)、大学生・高校生300円(240円)、中学生・小学生120円(100円)、未就学児無料

    ※(  )は20名以上の団体料金
    ※市内に居住する70歳以上の方は無料
    ※子どもカードもしくは身分証明書等の提示により、市内に居住し、又は通学する小学校の児童及び中学校の生徒並びにこれらに準ずる方は無料
    ※障害者手帳等の掲示により、本人及び同伴者1名様は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    静岡市東海道広重美術館
  • 休館日

    月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)、12月28日~1月4日

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

芹沢銈介の収集ー世界の仮面と衣装ー

型絵染の人間国宝として知られる芹沢銈介だが、世界の工芸品の収集家としても広く知られている。同館には芹沢の収集品4500点を収蔵しているが、この展覧会では、世界の仮面と衣装を紹介する。 芹沢の収集の中でも仮面は260点に及

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る