静岡県

春をおもう―東洋と西洋、それぞれの春―

公式サイト

冷たい冬のさなか、慎ましやかに梅や椿が花開くと、雪に覆われた静寂な世界から、しだいに色彩が広がり、活気あふれる豊かな季節へと変化していく。春へと季節が移りゆくさまを、画家たちは細やかにみつめ、多くの絵画に描いてきた。春のひとときが切り抜かれた情景には、画家たちそれぞれが抱く春へのおもいを感じることができる。
本展では上原コレクションより、横山大観、小林古径ら日本画家を中心に、印象派の画家たちや岡鹿之助らが描いた春の気配を感じる作品を紹介する。
※近代館にて開催

開催概要

  • 会期

    2018.12.152019.03.31
  • 会場

  • 観覧料金

    大人1000円、学生500円、高校生以下無料

    ※団体10名以上10%割引
    ※障がい者手帳をお持ちの方は半額

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    上原美術館
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

超技の世界 ―瀬戸焼・美濃焼・名古屋絵付など―

明治・大正時代、驚くほどの技巧を凝らし多彩な装飾が施された陶磁器が制作され、海外へと輸出された。特に、愛知、岐阜、三重の東海3県では、瀬戸焼や美濃焼、名古屋絵付、常滑焼、萬古焼など、様々な陶磁器が生み出され、当時の技術を

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る