静岡県

下田の古刹―太梅寺(たいばいじ)の寺宝

公式サイト

太梅寺は下田の山間に建つ歴史の古い寺院。平安時代に草庵が結ばれ、のちに曹洞宗の寺院として発展してきたと伝えられている。太梅寺には、戦国時代頃に書かれた伊豆最古の禅語録『寂用禅師語録』や、下田の地が戦国時代に戦場だったことを物語る「安国寺恵瓊奉制札」など、下田の歴史を知る上でも貴重な資料が遺されている。
本展では、古文書のほか、南北朝時代に造られた地蔵菩薩坐像や、幕末に描かれた涅槃図などから、下田の歴史の一端を解き明かしていく。
※仏教館にて開催

開催概要

  • 会期

    2018.12.152019.03.31
  • 会場

  • 観覧料金

    大人1000円、学生500円、高校生以下無料

    ※団体10名以上10%割引
    ※障がい者手帳をお持ちの方は半額

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    上原美術館
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る