岐阜県

企画展「広重とめぐるⅠ たかが道、されど道-山海道之記実見-」

公式サイト

広重の描いた街道絵や名所絵を中心に、当時の旅の様子を探る展覧会シリーズ第1弾。江戸時代、幕府は五街道を中心に街道整備に注力した。当初は幕府の政治・軍事目的のため整備された街道だが、時代が下るにつれ利用範囲は公用旅行者のみならず一般庶民にまで広がる。本展では人々が行き交った「道」そのものにスポットを当て、東海道や中山道を描いた作品を中心に概観することで、当時の街道の姿に迫る。

開催概要

  • 会期

    2018.12.062019.01.20
  • 会場

  • 観覧料金

    大人510円(410円)

    ※(  )内は20名以上の団体料金
    ※18歳以下無料
    ※障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名まで無料
    ※2019年(平成31)1月2日(水・祝)はお正月特別開館のため観覧無料
    ※市民の日は恵那市民に限り観覧無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    中山道広重美術館
  • 休館日

    月曜日(祝日を除く)

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

no image

画家たちの自画像展

日本において、自画像が独立したテーマとして数多く描かれるようになったのは、洋画が輸入されたのちの近代に入ってから。自画像は、すぐに描くことのできる最良のモデルが目の前にいることであり、洋画研究における身近な題材だった。本

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る