神奈川県

迷宮都市にみる夢幻 ~ヴェネチアン・グラスが誘うカーニバルの舞台~

水路と路地が入り組み、まるで迷宮のようなヴェネチア。そのヴェネチアをより幻想的に見せるカーニバル(謝肉祭)は、18世紀に絶頂期を迎え、今なお人々を魅了し続けている。
カーニバルは、ラテン語の「肉よ、さらば(carne vale)」に由来する。イエス・キリストの苦行に倣って節制する四旬節の前に行う歓楽と饗宴が許された期間で、ヴェネチアでは仮面をつけて仮装した人々が行き交い、街全体が一つの舞台のようになった。カーニバルでは貴族は庶民に、庶民は貴族に扮し、男女が服装を入れ替えて起こる「秩序の逆転」は、冬と春の再生をも意味し、キリスト教以前の宗教の影響を色濃く残す祭りでもあった。
しかし、ナポレオンによりヴェネチア共和国が終焉を迎え、1797年にオーストリアの支配下に下るとカーニバルは禁止される。約200年の沈黙を経て、1979年に公式行事として復活した後は、往時のままに舞踏会や演劇が催され、並び立つ昔日の衣装と現代の仮装が幻想的な空間を生み出している。
その光景を撮り続けている人物が、坪谷隆氏。ポートレートやテーマ写真等、幅広く活動している氏による現代カーニバルの写真作品は、冬のヨーロッパの厳しい寒さを凌駕する熱気を我々に伝えてくれる。
本展では、カーニバルの時期に上演されたヴェネチア伝統の仮面劇「コメディア・デラルテ」の登場人物を表現したガラス人形等のガラス作品の他、約40点の坪谷氏の写真作品を通して、春の訪れを待つに相応しい本場ヴェネチアのカーニバルが持つ情熱と文化を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2018.12.272019.04.08
  • 会場

  • 観覧料金

    大人1500円(1200円)、大高生1100円(900円)、小中生600円(500円)、シニア割引(65歳以上)1400円、障害者割引800円

    ※( )内は15名様以上の団体料金 ※障害者手帳を提示
    ※障害者割引は、ご本人様とお付添いの方1名様まで適用
    ※他の割引との併用はできません

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    箱根ガラスの森美術館
  • 休館日

    2019年1月15日~1月25日

  • 開館時間

    10:00〜17:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る