東京都

「ソフィ カル―限局性激痛」 原美術館コレクションより

© Sophie Calle / ADAGP, Paris 2018 and JASPAR, Tokyo, 2018

世界的に注目されるフランスの女性現代美術作家、ソフィ カル。19年前に原美術館で開催し、大きな反響を呼んだソフィ カルの個展「限局性激痛」(1999-2000年)を、フルスケールで展示する再現展を開催。同展は日本の美術館におけるカルの初個展として開催され、会期終了後、全出品作品がコレクションに加えられた。「限局性激痛」とは、医学用語で身体部位を襲う限局性(狭い範囲)の鋭い痛みや苦しみを意味し、カル自身の失恋体験による痛みとその治癒を、写真と文章で作品化したもの。人生最悪の日までの出来事を最愛の人への手紙や写真で綴った第一部と、不幸話を他人に語り、代わりに相手の最も辛い経験を聞くことで、自身の心の傷を少しずつ癒していく様子を、美しい写真と刺繍で綴った第二部で構成される。自身の人生をさらけ出し、他人の人生に向き合うカルの制作に多くの鑑賞者が心を打たれることだろう。しかし一方で、カルの作品には常に虚か実か判然としない曖昧さが漂い、全てを素直に信じることの危うさも問題にしている。鑑賞者にさまざまな問いを投げかけるカルの作品を、この機会に是非見てほしい。

開催概要

  • 会期

    2019.01.052019.03.28
  • 会場

    原美術館
    http://www.haramuseum.or.jp
    品川区北品川4-7-25
  • 観覧料金

    一般1100円、大高生700円、小中生500円

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    原美術館
  • 休館日

    月曜日(1月14日、2月11日は開館)、1月15日、2月12日

  • 開館時間

    11:00〜17:00 ※水曜は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る