東京都

企画展「小平と平櫛田中 最晩年の暮らしを潤した小平での歳月」

平櫛田中は昭和45年に台東区上野から小平へ移り住み、昭和54年に107歳で亡くなるまでの約10年間を小平で過ごした。この時建築した邸宅は、現在、平櫛田中彫刻美術館の記念館として公開している。
展覧会では小平で過ごした田中の最晩年の暮らしぶりにスポットを当て、作品、資料とともに紹介する。

開催概要

直前の記事

TADANOBU ASANO 3634展

近年、ますます個性的な演技が光る俳優、浅野忠信自身が描いたドローイング700点を紹介する展覧会。それらはハードロック的なものから、デッサン、落書き、漫画、アメコミ、抽象など多岐にわたっている。 浅野忠信がドローイングを描

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る