東京都

TADANOBU ASANO 3634展

近年、ますます個性的な演技が光る俳優、浅野忠信自身が描いたドローイング700点を紹介する展覧会。それらはハードロック的なものから、デッサン、落書き、漫画、アメコミ、抽象など多岐にわたっている。
浅野忠信がドローイングを描き始めたきっかけは、2013年に中国で撮影された映画「羅曼蔕克消亡史」(2016年、中国にて公開)の隔離された長い待ち時間だったと言う。映画の台本やスケジュール表の裏、ホテルのロゴの入ったメモ帳、薬袋などにボールペンで描き初め、現在まで5年間、その数は3634枚という膨大なものになりさらに続いてる。一部は本人のSNSでも公開されている。溺れてしまいそうなドローイングの海に浸かり、その中を泳ぐように鑑賞してみる。すると不思議なことに浅野忠信の些細な心の変化や思惑を感じることができる。つまりドローイングというのは、描いた人の思考の軌跡をたどりながら、見る側もそれををたどることが出来る面白さがある。撮影までの時間を潰すことから始まったドローイングが、頭を切り替える散歩のような役目をもっただろうし、さらにシュールレアリストが美しさを意識しないように考え出したオートマティスム(自動記述)のようにもなっていったに違いない。また、60年代のアンディ・ウォーホルが第一ファクトリーで頭が吹っ飛ぶくらいのサウンドの中で作品を制作していたことをも喚起させる。
確かに浅野忠信は絵を描くプロではない。でも日本屈指の特異な表現者の思考を絵の中に垣間見る時、実は人間がどこにでもいける自由を持っていることに驚かされ、大きな勇気をもらう。

開催概要

  • 会期

    2018.12.072019.03.31
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1000円、学生800円(25歳以下)、小・中学生500円、70歳以上の方700円、ペア券大人2人1600円、学生2人1200円

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    ワタリウム美術館
  • 休館日

    月曜日(12月24日、1月14日、2月11日は開館)、12月31日~1月3日

  • 開館時間

    11:00〜19:00 ※水曜日は21:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年

画業還暦、それは再び「環」を描きだす新たな幕開け。1959年のデビュー以降、1960年代から70年代にかけて劇画ブームの第一線で人気漫画家として活躍したバロン吉元。『週刊漫画アクション』に10年に渡り連載された代表作「柔

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る