東京都

酒呑童子絵巻 鬼退治のものがたり

公式サイト

都の貴族の娘たちを次々に略奪する酒呑童子という鬼を、源頼光・藤原保昌および、渡辺綱や坂田金時ら四天王が退治する物語は14世紀には成立しており、多くの絵巻物や奈良絵本に描かれて普及した。鬼の住みかによって、大江山系と伊吹山系の2系統に分類されている。根津美術館が所蔵する3種類の「酒呑童子絵巻」はいずれも16世紀以降の伊吹山系の作品だが、それぞれ画風も制作年代も異なる。なかでも、19世紀の住吉派の絵師が描いた8巻本は、前半の4巻に酒呑童子の生い立ちの物語を加えているのが特徴で、今回はじめてその全貌を紹介する。各作品の表現の違いを楽しんでほしい。

開催概要

  • 会期

    2019.01.102019.02.17
  • 会場

  • 観覧料金

    一般1100円、学生800円

    ※20名以上の団体、障害者手帳提示者および同伴者は200円引き
    ※中学生以下は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    根津美術館
  • 休館日

    月曜日(1月14日、2月11日は開館)、1月15日、2月12日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年

画業還暦、それは再び「環」を描きだす新たな幕開け。1959年のデビュー以降、1960年代から70年代にかけて劇画ブームの第一線で人気漫画家として活躍したバロン吉元。『週刊漫画アクション』に10年に渡り連載された代表作「柔

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る