東京都

石からうまれた仏たち ―永青文庫の東洋彫刻コレクション―

公式サイト

永青文庫がアジアのさまざまな仏像を所蔵していることは、あまり知られていないかもしれない。同館の設立者である細川護立(もりたつ)(細川家16代・1883~1970)は東洋美術に広く関心を持ち、中国考古や陶磁器ばかりではなく、中国の石仏・金銅仏、インドや東南アジアの彫刻をもコレクションに加えた。とりわけ北魏から唐時代におよぶ中国彫刻は、近代日本においていち早く中国美術を紹介・蒐集した早崎稉吉(はやさきこうきち)(1874~1956)の旧蔵品が大半を占め、各時代の特徴を表した重要な像が多く含まれる。
このたび専門家の協力を得て、これら東洋彫刻コレクションの調査を行った。本展では、調査の成果に基づき、「菩薩半跏思惟像(ぼさつはんかしいぞう)」や「如来坐像(にょらいざぞう)」(いずれも重要文化財)をはじめとする中国彫刻、ほとんどが初公開となるインド彫刻を一挙に紹介し、あわせて個人蔵の貴重な中国金銅仏を特別に展示する。
昨今注目を集める日本の仏像の源流ともいえる、中国・インド彫刻。この展覧会で、ルーツを探ってみよう。

開催概要

  • 会期

    2019.01.122019.04.10
  • 会場

    永青文庫
    http://www.eiseibunko.com/
    文京区目白台1-1-1
  • 観覧料金

    一般800円(700円)、シニア(70歳以上)600円(500円)、大学・高校生400円

    ※( )内は10名以上の団体料金
    ※中学生以下、障害者手帳をご提示の方及びその介助者(1名)は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    公益財団法人 永青文庫
  • 休館日

    月曜日(1月14日、2月11日は開館)、1月15日、2月12日

  • 開館時間

    10:00〜16:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

絵画のゆくえ2019 FACE受賞作家展

2013年に創設された公募コンクール『FACE』は、年齢・所属を問わない新進作家の登竜門として数多くの応募者を毎回迎えている。美術評論家による作品本位の厳正な審査によって、真に力があり将来国際的にも通用する可能性を秘めた

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る