東京都

絵画のゆくえ2019 FACE受賞作家展

公式サイト

2013年に創設された公募コンクール『FACE』は、年齢・所属を問わない新進作家の登竜門として数多くの応募者を毎回迎えている。美術評論家による作品本位の厳正な審査によって、真に力があり将来国際的にも通用する可能性を秘めた作品を入選とし、その入選作品の中から各賞を授賞している。
本展は、FACE2016からFACE2018までの3年間の「グランプリ」「優秀賞」受賞作家たち11名の近作・新作約100点を展示し、受賞作家たちの受賞後の展開を紹介する。また、同館所蔵作品となった「グランプリ」受賞作品3点も併せて展示。
時代の感覚を捉えたFACE受賞作家たちの数年間に亘る作品によって、絵画のゆくえを探る展示となることだろう。

開催概要

  • 会期

    2019.01.122019.02.17
  • 会場

    東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
    http://www.sjnk-museum.org/
    新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42F
  • 観覧料金

    600円、高校生以下無料

    ※20名以上の団体は100円引
    ※学生証、生徒手帳を提示
    ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を提示の本人とその付添人1名は無料(被爆者健康手帳を提示の方は本人のみ無料)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、読売新聞社
  • 休館日

    月曜日(1月14日、2月11日は開館)

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

子どものための建築と空間展

私たちが子どものときに過ごした空間は、原風景として長く記憶に留まり、その後の生き方や考え方の形成に 与える影響は少なくない。本展は、子どもたちのためにつくられた学びの場と遊びの場の建築と空間のなかから、日本の近現代の建築

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る