東京都

六本木クロッシング2019展:つないでみる

「六本木クロッシング」は森美術館が3年に一度、日本の現代アートシーンを総覧する定点観測的な展覧会として2004年以来開催してきたシリーズ展。第6回目の開催となる今回は、シリーズ初の試みとして、森美術館の3人のキュレーターのみで共同キュレーションを行い、1970-80年代生まれを中心とした日本人アーティスト約25組を紹介する。
「六本木クロッシング2019展:つないでみる」は、現代の表現を通じて見えてくる「つながり」に注目。情報通信技術など、さまざまなテクノロジーが加速度的に進化し、私たちの生活が便利になってゆく一方で、それに起因する新たな問題も浮かび上がっている。価値観の多様性が認められるようになった一方で、オープンであるはずのインターネットが、特にSNSにおいて、意見や認識の同調や共感を助長し、逆説的に閉鎖的なコミュニティを生み出してしまう問題、偏った政治観によって引き起こされる軋轢や拡がり続ける経済格差など、さまざまな「分断」が顕在化しているようだ。
こうしたなか、対極のものを接続すること、異質なものを融合すること、本来備わっている繋がりを可視化することなど、アーティストたちは作品を通じてさまざまな「つながり」を提示する。それらは現代社会に対する批評的な視点や発想の転換でもあり、「分断」と向き合うためのヒントとなるかもしれない。本展で生まれる新たな「つながり」が、日本の「いま」に向き合うことのできる有意義な機会となることを期待する。

開催概要

  • 会期

    2019.02.092019.05.26
  • 会場

    森美術館
    http://www.mori.art.museum
    港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53F
  • 観覧料金

    一般1800円、学生(高校・大学生)1200円、子供(4歳〜中学生)600円、シニア(65歳以上)1500円

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    森美術館
  • 休館日

    無休

  • 開館時間

    10:00〜22:00 ※火曜日のみ17:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

冬の浜口陽三展 優雅なオブジェ

二十世紀、銅版画家として国際的に活躍した浜口陽三(1909~2000)の作品は、深い闇を思わせる黒を背景に、優雅にたたずむモチーフの美しさが魅力のひとつ。西瓜、さくらんぼ、蝶などは見たままに写した形ではなく、浜口が創り上

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る