東京都

河鍋暁斎と肥前の染付

抜群の写生力・筆力で幕末から明治に活躍した河鍋暁斎(1831-1889)の絵画作品を1階に4点展示する。陶磁器は、常設の中国の陶磁器15点に加え、江戸時代に肥前(現在の佐賀県と長崎県)で作られた染付を11作品展示。2階には伝アレクサンドロス頭部(アフガニスタン・3-4世紀)と男神トルソ(ヘレニズム後期・前2世紀)を並べて展示。2階に展示する絵画作品は「百人一首画帳」(住吉具慶筆)。
その他、アジアの彫刻8点、そして岡田茂吉作品を展示する。

開催概要

  • 会期

    2019.01.132019.02.13
  • 会場

  • 観覧料金

    一般400円

    ※20歳未満は無料
    ※障害者手帳をお持ちの方及び介護者の方は200円引き
    ※20歳未満の方は年齢を確認させていただく場合があるので、年齢のわかるものご用意下さい

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東京黎明アートルーム
  • 休館日

    1月20日

  • 開館時間

    10:00〜16:00 ※2月4日、2月10日は14:00〜20:00の開室 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

小原古邨

小原古邨(1877~1945)は、明治末から大正、昭和にかけて活躍した絵師。可愛らしい鳥や動物、花といった身近な自然を、木版画で表現した。 本展では、明治末から大正にかけて、松木平吉の元から刊行された古邨落款の木版画や、

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る