東京都

小原古邨

小原古邨(1877~1945)は、明治末から大正、昭和にかけて活躍した絵師。可愛らしい鳥や動物、花といった身近な自然を、木版画で表現した。
本展では、明治末から大正にかけて、松木平吉の元から刊行された古邨落款の木版画や、昭和前半に、渡邊庄三郎の元から刊行された祥邨落款の新版画を展示。さらに、制作工程が分かる、肉筆の下絵や試し摺りも合わせて紹介する。約150点の展示作品(前後期で全て展示替え)を通して、古邨の全貌を楽しむことができるだろう。
なお、茅ヶ崎市美術館で開催中(2018年9月9日~11月4日)の「原安三郎コレクション 小原古邨展 花と鳥のエデン」とは、出品作品が異なる別内容の展覧会。
前期:2月1日(金)~24日(日)
後期:3月1日(金)~24日(日)
※前後期で全点展示替え

開催概要

  • 会期

    2019.02.012019.03.24
  • 会場

  • 観覧料金

    一般700円、大高生500円、中学生以下無料

    ※団体(10名以上)は1名さまあたり100円引(事前申し込みにご協力ください)
    ※障害者手帳提示でご本人とお付き添い1名さま100円引

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    太田記念美術館
  • 休館日

    2月4日、12日、18日、25~28日、3月4日、11日、18日

  • 開館時間

    10:30〜17:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

かわいい浮世絵 おかしな浮世絵

江戸時代の浮世絵には、美しい遊女や格好の良い役者たち、人気の名所など、当時の人々が夢中になった、さまざまな流行や風俗が数多く描かれている。しかし、江戸時代から150年以上たった現在、当時の人と全く同じ感覚で浮世絵を楽しむ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る