兵庫県

カリカチュールがやってきた 19世紀最高峰の諷刺雑誌

公式サイト

1830年に創刊された記念碑的な絵入諷刺雑誌『カリカチュール』。七月王政を相手にルイ=フィリップ王を梨の姿で描くなど、ブラック・ユーモアに満ちた諷刺画で一世を風靡した。本展では、ドーミエとともに両輪を担ったグランヴィル(1803−1847)を軸に諷刺画の黄金期を築いた『カリカチュール』誌を紹介、また後年、夢想的な挿絵画家へと転身し、シュルレアリスムの先駆となったグランヴィルの軌跡にも迫る。

開催概要

  • 会期

    2019.01.122019.02.24
  • 会場

  • 観覧料金

    一般500(400)円、大高生250(200)円、小中学生100(80)円

    ※(  )内は20名以上の団体割引
    ※兵庫県内の小中学生はココロンカード呈示にて無料
    ※4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日60歳以上、土日祝65歳以上)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    伊丹市立美術館[公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団/伊丹市]
  • 休館日

    月曜日(1月14日、2月11日は開館)、1月15日、2月12日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

生誕120年 宮之原謙ー清新なる陶芸

鹿児島市に生まれ幼少期を過ごした宮之原謙(1898~1977年)は、現代的な感覚を反映させた清新な作風で日本の陶芸界に足跡を残した。生誕120年の節目に同館所蔵作品から変遷をたどり、その魅力を見つめる。 宮之原は早稲田大

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る