東京都

染付 ― 世界に花咲く青のうつわ

白地に青で文様を描くやきもの「染付」は、清明な青の魅力に加え、釉薬の下に文様があるため、絵具が剥がれにくく使いやすいという実用的な利点も兼ねそなえている。美と用の両面に秀でた染付は、中国・朝鮮・日本・中近東・欧州などに広く展開し、中国宮廷から日本の茶の湯、浮世絵に描かれた江戸時代の庶民まで、さまざまな社会の暮らしに浸透してきた。本展は染付が愛用された各国、各時代、各コミュニティをテーマパークのように巡りながら、染付の多面的な魅力を味わい尽くす。やきものという世界規模の文化が語りかけてくる言葉、多様性を示しながら、人々を一つに結びつけた、懐深い美の物語を紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.01.122019.03.24
  • 会場

    出光美術館
    http://idemitsu-museum.or.jp/
    千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9F
  • 観覧料金

    一般 1000円、高・大生 700円

    ※中学生以下無料(保護者の同伴が必要)
    ※障害者手帳をお持ちの方は200円引、その介護者1名は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    出光美術館、朝日新聞社
  • 休館日

    月曜日(1月14日、2月11日は開館)

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで ※金曜日は19:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド

本展は、1970年に刊行された美術史家・辻惟雄による『奇想の系譜』に基づく、江戸時代の「奇想の絵画」の決定版。岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳に、白隠慧鶴、鈴木其一を加えた8人の代表作を一堂に

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る