静岡県

起点としての80年代(静岡展)

1980年代は、「インスタレーション」や「メディア・アート」など、今日の美術につながる重要な動向が生まれた時代。「美術」ではなく「アート」という言葉がよく使われるようになり、美術館やギャラリー以外にも「オルタナティブ・スペース」が登場し始めたのもこの時代であった。近年、「具体」や「もの派」など1970年代までの戦後日本美術に関する研究は国内外で急速に進んでいる。また90年代以降のサブカルチャーに影響を受けた表現が注目を浴びるなか、その狭間に位置する80年代の検証はまだこれからと言えるだろう。
本展は、「メディウムを巡って」「日常とひそやかさ」「関係性」「記憶・アーカイヴ・物語」という今日的な4つのキーワードをあげ、19人の作家を紹介しながら1980年代の日本の美術を見つめる。懐古的にこの時代を振り返るのではなく、現在の視点から照射することで、80年代に築かれた豊かな表現が見えてくることだろう。
本展は、金沢21世紀美術館、高松市美術館と同館の3館による共同企画展で、こちらが最終会場となる。また、80年代における静岡のアートシーンの一端をアーカイヴ資料で紹介する「Shizubi Project 7 アーカイヴ/1980年代-静岡」も同時開催する。

開催概要

  • 会期

    2019.01.052019.03.24
  • 会場

    静岡市美術館
    http://www.shizubi.jp/
    静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3F
  • 観覧料金

    一般1100(900)円、大高生・70歳以上700(500)円、中学生以下無料

    ※(  )が前売および当日に限り20名以上の団体料金
    ※1980~1989年生まれの方は観覧料800円
    ※障害者手帳などをご持参の方および介護者原則1名は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    静岡市、静岡市美術館、静岡朝日テレビ、日本経済新聞社
  • 休館日

    月曜日(1月14日、2月11日は開館)、1月15日、2月12日

  • 開館時間

    10:00〜19:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る