東京都

企画展「没後30年 城所祥展」

八王子市で生まれ育ち、制作を続けた版画家・城所祥(1934〜88)は、多摩地区を代表する作家であり、また同館の代表的な館蔵作家の一人である。そして本年は、日本の版画壇に確固たる存在感を示した城所の没後30年に当たり、これを記念する本展では、同館が所蔵する作品全点と、八王子市夢美術館が所蔵する作品と版木を併せて展示し、その魅力に迫る。

開催概要

  • 会期

    2018.11.172019.01.14
  • 会場

  • 観覧料金

    大人200円(160円)、小・中学生50円(40円)

    ※( )内は20名以上の団体割引料金
    ※障がいをお持ちの方と付添いの方1名(障がい者手帳を提示)、青梅市内在住の65歳以上の方は無料(免許証、保険証など住所と生年月日のわかるものを一人ずつ提示)
    ※青梅市内の小・中学生は土曜日無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    青梅市立美術館
  • 休館日

    月曜日(12月24日、1月14日は開館)、12月25日、12月29日~2019年1月3日

  • 開館時間

    09:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド

本展は、1970年に刊行された美術史家・辻惟雄による『奇想の系譜』に基づく、江戸時代の「奇想の絵画」の決定版。岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳に、白隠慧鶴、鈴木其一を加えた8人の代表作を一堂に

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る