群馬県

長野県信濃美術館名品展

長野県信濃美術館は、平成29年に開館50年を迎えた歴史ある美術館。昭和41年(1966)に地元企業などの有志によって財団法人として設立され、昭和44年からは長野県に運営が移管されて今日に至っている。全国的に著名な古刹・善光寺に隣接する城山公園のなかにあり、現在、新時代への展開を目指して美術館の建替えを行っているため休館中で、その間、他施設への作品貸出を積極的に行って収蔵作品の紹介を行っている。 半世紀にわたる美術館活動のなかで収集された作品は約4,000点。その収蔵品はほとんどが明治以降の美術だが、海外作品を収集対象とせず、長野県ゆかりの作家の代表作、信州の自然を描いた風景画という比較的絞った方針によって収集されたため、近代日本美術の黎明期からの重要作品が揃い、所蔵する日本画、洋画、彫刻によって近代日本美術史を概観できるほど充実した内容となっている。 本展覧会では、菱田春草、池上秀畝、西郷孤月など、長野県出身の個性的な日本画をはじめとし、大正の異才・河野通勢らの洋画、荻原守衛(碌山)、石井鶴三らの彫刻を紹介する。長野県信濃美術館の収蔵品のなかでも、名品をまとまって観覧できる少ない機会だ。

開催概要

  • 会期

    2018.11.102019.01.20
  • 会場

  • 観覧料金

    一般500円(400円)、大学・高校生300円(250円)

    ※( )内は20名以上の団体割引料金
    ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方、および付き添いの方1名、65歳以上の方、中学生以下は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    高崎市タワー美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
  • 休館日

    月曜日(祝日の場合翌日)、12月28日~1月4日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※金曜日のみ20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

染付 ― 世界に花咲く青のうつわ

白地に青で文様を描くやきもの「染付」は、清明な青の魅力に加え、釉薬の下に文様があるため、絵具が剥がれにくく使いやすいという実用的な利点も兼ねそなえている。美と用の両面に秀でた染付は、中国・朝鮮・日本・中近東・欧州などに広

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る