東京都

奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド

公式サイト

本展は、1970年に刊行された美術史家・辻惟雄による『奇想の系譜』に基づく、江戸時代の「奇想の絵画」の決定版。岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳に、白隠慧鶴、鈴木其一を加えた8人の代表作を一堂に会し、重要文化財を多数含む展示を予定。豊かな想像力、奇想天外な発想にみちた江戸絵画の魅力を紹介する。現代の目を通した新しい「奇想の系譜」を発信する。

開催概要

  • 会期

    2019.02.092019.04.07
  • 会場

    東京都美術館
    http://www.tobikan.jp
    台東区上野公園8-36
  • 観覧料金

    前売=一般1,400円、大学生・専門学校生1,100円、高校生600円、65歳以上800円
    当日=一般1,600円、大学生・専門学校生1,300円、高校生800円、65歳以上1,000円

    ※団体割引の対象は20名以上
    ※中学生以下は無料
    ※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、日本経済新聞社、NHK、NHKプロモーション
  • 休館日

    月曜日(2月11日、4月1日は開室)、2月12日

  • 開館時間

    09:30〜17:30 ※入館は閉室の30分前まで ※金曜日、3月23日、3月30日、4月6日は20:00まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る