島根県

追悼水木しげる ゲゲゲの人生展

2015年11月30日、93歳で「あの世」へと旅立った水木しげる。「ゲゲゲの鬼太郎」「悪魔くん」「河童の三平」など、数多くのヒット作を生み出した漫画家としてだけでなく、作品を通じて妖怪文化を広めた妖怪研究家としても高く評価された。本展では、水木プロダクションの全面的な協力のもと、人間・水木しげるが遺したものを徹底的に振り返る。少年期の習作、戦地で描いたスケッチ、貸本時代からの貴重な漫画や妖怪画の原稿など、卓越した画力とメッセージ性がうかがえる作品の数々に加え、エッセイ原稿や妖怪・精霊像コレクション、私物など合計約390点を展示する。

開催概要

  • 会期

    2018.12.012019.01.28
  • 会場

  • 観覧料金

    前売=一般900円、大学生500円、小中高生200円
    当日(企画展のみ)=一般1000(800)円、大学生600(450)円、小中高生300(250)円

    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※小中高生の学校利用は入場無料
    ※障害者手帳保持者および被爆者健康手帳保持者とその介助者は入場無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    島根県、島根県立石見美術館、しまね文化振興財団、TSK山陰中央テレビ、山陰中央新報社、朝日新聞社
  • 休館日

    火曜日

  • 開館時間

    10:00〜18:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

1968年 ―激動の時代の芸術

1968(昭和43)年は、世界の社会、文化において重要な転換期とされている。海外ではベトナム戦争が長期化し反戦運動が高まるなか、パリ五月革命(フランス)、文化大革命(中国)、キング牧師の暗殺(アメリカ)など、衝撃的な出来

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る