愛知県

絵画の詩学

私たちは言葉によって思い、考え、他者と意思疎通を図る。言葉は、日常生活の中で人に想いを伝えるためのコミュニケーションツールである一方で、詩や俳句など感動や共感を与える表現にもなる。
本展は同館所蔵の絵画と、絵画のイメージに合わせた詩や言葉を併せて展示。小説や詩集には、しばしば読み手のイメージを補助するために挿絵が添えられることがある。本展はその逆、つまり絵画のイメージを補助、あるいは手がかりとして詩や言葉を添える展覧会。
絵画の解釈は人それぞれ自由。しかし、他者の詩や言葉を通して作品を再度鑑賞することで、各々では感じることのなかった新しい解釈が生まれるかもしれない。美術作品は作家の表現だが、言葉も使い手の表現。本展を通して「言葉」と「表現」について考える機会となれば幸いである。

開催概要

  • 会期

    2018.11.232019.01.14
  • 会場

  • 観覧料金

    高校生以上200円(160円)、中学生以下無料

    ※( )内は20名以上の団体料金、または高浜市内居住者
    ※ 75歳以上の方、各種障がい者手帳をお持ちの方ほか割引あり

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    高浜市やきものの里かわら美術館
  • 休館日

    月曜日(12月24日、1月14日は開館)、火曜日、12月25日~1月3日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

扇の国、日本

「扇」は、日本で生まれ発展したもの。その起源は詳らかではないが、早く10世紀末には中国や朝鮮半島に特産品としてもたらされ、中国の文献には、それまで一般的だった団扇と区別して、折り畳む意味の「摺」の字をあてた「摺扇」「摺畳

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る