神奈川県

水野年方没後110年 清方、紡がれる美の系譜-師から弟子へ

鏑木清方は明治24年(1891)、13歳で日本画家・水野年方に入門し、修行に励んだ。そして、16歳で挿絵画家となり、後に師と同じ日本画家として活躍した。
年方に尊敬の念を抱いていた清方は、師のもとで学んだ技術や制作への姿勢を弟子たちへ伝えた。そして、彼らが存分に筆を揮い、発表する展覧会の場として「郷土会」を設け、後進の育成に努め、伊東深水や寺島紫明など優れた画家を日本画壇に輩出した。
水野年方没後110年を迎え、本展覧会では清方作品のほか、年方に関連した作品や弟子たちが清方に贈った奇書などを展示し、年方から清方、そしてその弟子たちへとつながる美の系譜をたどる。

開催概要

直前の記事

美博びっくり箱-集める・伝える・これからも

岡崎市美術博物館は開館以来、「マインドスケープ(心象風景)」を基本コンセプトに、「家康の生きた時代」「バロック美術」「東西文化の比較・交流」に関する作品・資料を収集するとともに、広く岡崎市域の歴史・文化・芸術に関する作品

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る