東京都

岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟

1950年代に彗星のごとく登場した岡上淑子は、日本におけるシュルレアリスム運動を先導した瀧口修造に見出され、写真媒体を活用したフォトコラージュ作品によってその比類ない才能を開花させた。1950年から56年までのごく限られた期間に制作された岡上のコラージュ作品は、マックス・エルンストによるコラージュの影響を享受して饒舌さを増していく。作品は、戦後連合国軍の置き土産として国内にあった、TIMEやLIFEといった海外のグラフ雑誌や、Vogueのようなファッション誌を素材とするものであり、戦後復興期の時代を反映した報道写真による背景と、前景に浮かび上がる当時最先端のモードは、鮮やかな対比を描きながら独特の美や世界観を導き出して、私達の心を揺さぶる。
近年になり再注目されている同作家の活動は今や国際的な評価を得ており、現代のコラージュ作家たちにも多大な影響を与えつつある。本展では、国内所蔵に加えて米国ヒューストン美術館の貴重な所蔵作品が、この度初めて日本へと里帰り。新たな時代への息吹を感じさせるこのユニークな表現世界を、作家による詩篇や後に描かれたスケッチ、関連資料、京都服飾文化研究財団所蔵のドレスによる参考展示などとともに紹介する。

開催概要

  • 会期

    2019.01.262019.04.07
  • 会場

  • 観覧料金

    当日=一般900円、大学生(専修・各種専門学校含む)720円、中学生・高校生450円、65歳以上450円
    前売・団体=一般720円、大学生(専修・各種専門学校含む)570円、中学生・高校生360円、65歳以上360円

    ※団体は20名以上
    ※小学生以下および都内在住在学の中学生は無料
    ※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者一名は無料
    ※教育活動として教師が引率する都内の小中・高校生および教師は無料(事前申請が必要)
    ※第3水曜日(シルバーデー)は65歳以上の方は無料

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館
  • 休館日

    第2・第4水曜日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで ※3月29日、3月30日、4月5日、4月6日は夜間開館で20:00まで開館
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

川瀬忍  作陶50年の間(ま)

青磁は、呈色剤に鉄分を用いた釉薬を還元焼成により青く発色させたやきものであり、古い歴史を持つ陶磁技法のひとつ。時代や地域により形、色とも多様性をみせるが、質の高い青磁は繊細な青の色、玉にもたとえられる艶や独特な質感を持ち

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る