東京都

扇の国、日本

「扇」は、日本で生まれ発展したもの。その起源は詳らかではないが、早く10世紀末には中国や朝鮮半島に特産品としてもたらされ、中国の文献には、それまで一般的だった団扇と区別して、折り畳む意味の「摺」の字をあてた「摺扇」「摺畳扇」や、「倭扇」などと登場。すなわち、扇が日本のオリジナルであったことを物語っている。
宗教祭祀や日常生活での用具としてだけでなく、気分や場所、季節に応じて取りかえ携帯できる扇は、貴賤を問わずいつでもどこでも楽しめる、最も身近な美術品であった。和歌や絵が施された扇は、贈答品として大量に流通し、また、人と人をつなぐコミュニケーション・ツールの役割も担った。
さらに扇は、屛風や巻物、そして工芸や染織などとも結びついて、多彩な作品を生み出していく。あらゆるジャンル、あらゆる流派と交わる扇には、日本人が求めた美のエッセンスが凝縮されているのだ。
本展では、日本人が愛した「扇」をめぐる美の世界を、幅広い時代と視点から紹介。手中の扇がひらひら翻るたび表情を変えるように、「扇」の多面的な世界を楽しんでほしい。

開催概要

  • 会期

    2018.11.282019.01.20
  • 会場

    サントリー美術館
    http://www.suntory.com/sma/
    港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
  • 観覧料金

    前売=一般1100円、大学・高校生800円
    当日=一般1300円、大学・高校生1000円

    ※中学生以下無料
    ※障害者手帳をお持ちの方は本人と介護の方1名様のみ無料
    ※下記の場合は100円引き
    ・ウェブサイト限定割引券提示
    ・スマートフォンサイトの割引券画面提示
    ・あとろ割:国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示
    ・20名様以上の団体
    ※他の割引との併用不可

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    サントリー美術館、朝日新聞社
  • 休館日

    火曜日(1月15日は開館)、12月30日~1月1日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※12月23日、1月13日は20:00まで ※12月29日は18:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

大江戸グルメと北斎

「和食」は、ユネスコ無形文化遺産登録5周年を迎え、さらに世界からも関心を集めている。この和食文化は江戸時代に大きく花開き、北斎が活躍した時代に大きな進歩をとげる。 江戸時代には、農業や漁業、経済が発展し、成熟した社会は人

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る