静岡県

竹内栖鳳展  コレクションを中心に

公式サイト

明治以降の近代美術界は、西洋の美術思想や絵画技法の導入と伝統の継承との狭間で揺れ動いた。そのような時代にあって、竹内栖鳳(1864-1942)は、元治元年(1864)に京都で生まれ、18歳で四条派の幸野棋嶺に入門した。四条派の他、狩野派や土佐派など様々な古画の研究に取り組み、明治33年(1900)37歳でヨーロッパに渡り西洋美術への理解を深め、その後、西洋画法を取り入れた写実表現によって、日本画の新しい道を切り開いた。晩年は後進の指導にも力を注ぎ、橋本関雪や上村松園など多くの有能な画家を育成。この度の展観は、伝統に立脚しつつ独自の表現を創造した竹内栖鳳にスポットをあて、その魅力に迫るものである。

開催概要

  • 会期

    2018.12.152019.01.22
  • 会場

    MOA美術館
    http://www.moaart.or.jp/
    熱海市桃山町26-2
  • 観覧料金

    一般1,600円(1,300円)、高大生1,000円(700円)、小中学生無料、シニア割引1,400円、障害者割引800円

    ※ ( )内は10名以上の団体料金
    ※ 各種割引併用不可
    ※ 高大生の方は入館の際、身分を証明できるものを提示
    ※ シニア割引の適用は65歳以上(要証明提示)
    ※ 障害者割引の適用は障害のある方とその付添者1名(証明できるものを提示)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    MOA美術館
  • 休館日

    木曜日(祝休日の場合は開館)、2019年1月7日~1月11日

  • 開館時間

    09:30〜16:30 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る