東京都

小さいながらもたしかなこと 日本の新進作家vol.15

公式サイト

「日本の新進作家」展は、写真・映像の可能性に挑戦する創造的精神を支援し、将来性のある作家を発掘するため、新しい創造活動の展開の場として2002年より開催している。15回目となる本展では、「小さいながらもたしかなこと」をテーマに掲げ、自らの感性や考え方、アイデンティティやリアリティを手がかりに作品を制作する5名の作家を紹介する。 予測困難な自然災害や広がりを見せる経済格差、LGBTの人々に対する法的整備の遅れ等、個人をめぐる状況がゆれ動き、たしかなことを見出しにくい時代に、作家によって作品に込められた「たしかなこと」。その一つ一つは決して大きなものではないのかもしれないが、わたしたちに、今を生き抜く勇気や希望を与えてくれる。 本展では、作家それぞれの「小さいながらもたしかなこと」に迫り、その表現の射程を探る。

開催概要

  • 会期

    2018.12.012019.01.27
  • 会場

    東京都写真美術館
    http://topmuseum.jp/
    目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
  • 観覧料金

    一般700(560)円、学生600(480)円、中高生・65歳以上500(400)円

    ※( )は20名以上の団体料金、同館の映画鑑賞券提示者、各種カード会員割引、同館年間パスポート提示者(利用案内参照)
    ※小学生以下および都内在住・在学の中学生、障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料
    ※第3水曜日は65歳以上無料
    ※1月2日は観覧無料、1月3日は2割引

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館/東京新聞
  • 休館日

    月曜日(12月24日および1月14日は開館し、12月25日と1月15日休館)、 12月29日〜1月1日

  • 開館時間

    10:00〜18:00 ※木・金は20:00まで ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

マイケル・ケンナ写真展

世界屈指の風景写真家として知られるマイケル・ケンナの日本初の回顧展を開催。マイケル・ケンナは、これまでに開催された個展が約450回、出版されたハイクオリティな写真集は約70タイトルにものぼる全世界で圧倒的な人気を誇るカリ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る