愛知県

所蔵企画展 空の情景 #skyscape_menard

空を表す言葉、SNSに投稿される空の写真…。この数に、いかに私たちが空に魅了されてきたかがわかる。いつも当たり前のようにある空だが、それはまた、二度とは同じ姿を見せてくれないものでもある。そんな空だからこそ、画家たちは、くりかえし描いたのではないだろうか。感じた空気をそのままにカンヴァスにとどめようとした画家もいれば、理想の空を表現しようとした画家もいる。空は雄弁に時や場所を語り、ときに幻想世界に私たちを誘う。
本展は、そんな画家たちの描いた空に注目し、大きく4つのテーマから展観する展覧会である。画家たちが描いた空を手掛かりに、空の名前や土地々々の空の特徴、画家の制作の秘密に迫る。美術館を出たら、あなたの空の見え方も違ってくるかもしれない。
※会期中、一部展示替えあり

開催概要

  • 会期

    2019.01.022019.03.31
  • 会場

  • 観覧料金

    一般900円(700円)、高大生600円(500円)、小中生300円(250円)

    ※( )内は20名以上の団体料金および前売料金
    ※障害者手帳をお持ちの方および同行者1名は無料
    ※「そら割」入館時にあなたの好きな空の風景(写真、ポストカードなど)を提示いただくと本人様に限り団体料金に割引(携帯電話、スマートフォンで撮った写真もOK、他の割引との併用不可)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    メナード美術館、中日新聞社
  • 休館日

    月曜日(1月14日、2月11日は開館)、1月15日、2月12日

  • 開館時間

    10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで ※2月17日は19:30まで開館
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

京都・醍醐寺―真言密教の宇宙―(九州展)

京都市の南東に位置する醍醐寺は、千百年以上の歴史を持つ真言密教の名刹。その歴史は、平安時代・貞観十六年(874)、理源大師聖宝(832〜909)が醍醐味の水が湧き出るという笠取山に草庵を結んだことに始まる。開創以来、人々

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る