福島県

東日本大震災復興祈念 伊藤若冲展

伊藤若冲(1716-1800)は、江戸中期、京都に生まれた画家。緻密な線描と極彩色の作品を手がける一方、伸びやかで自由な筆遣いとユーモラスな表現が特徴的な水墨画を数多く残した。若冲作品の魅力は、なんといっても、動物でも植物でも生きものたちに等しく向けられた画家の眼差しが捉えた、生命の耀きに他ならない。作品を目の前にした人は、そこに命あるものの力強い生きる力を感じ取ることができるであろう。
本展では、そうした若冲芸術の魅力を堪能できるとともに、晩年、天明の大火(1788年)で焼け野原になった故郷・京都を目のあたりにした若冲の、復興に寄せた気持ち、芸術に託した想いも紹介したいと考えている。また、アメリカのデンバー美術館、ミネアポリス美術館などの協力をいただき、海外の人たちが愛した故に日本を離れることになった作品も展示する。2013年、福島県立美術館では、プライスご夫妻の多大な協力のもとに「若冲がきてくれました」展を開催し、深い感動を与えた。本展は、前回とは異なった視点から再び若冲芸術を見直すことで、あらためてその魅力を伝え、感動と喜びを通して心の安らぎとともに生命のエネルギーを感じていただき、東日本大震災からの復興祈念とするものである。

開催概要

  • 会期

    2019.03.262019.05.06
  • 会場

  • 観覧料金

    当日=一般1,500円、学生1,100円、高校生以下無料
    前売=一般1,300円、学生900円(2019年1月より販売開始予定)

    詳細は公式サイトへ

  • 主催

    東日本大震災復興祈念「伊藤若冲展」実行委員会 (福島県、福島県教育委員会、福島県立美術館、福島民友新聞社、福島中央テレビ)
  • 休館日

    月曜日(4月29日、5月6日は開館)

  • 開館時間

    09:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

ハマスホイとデンマーク絵画

身近な人物の肖像、風景、そして静まりかえった室内――限られた主題を黙々と描いたデンマークを代表する画家ヴィルヘルム・ハマスホイ(1864-1916)。17世紀のオランダ絵画に影響を受け、静謐な室内表現を特徴とすることから

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る